住宅ローン金利、変動金利と固定金利の違いとは?

住宅ローン金利の変動金利と固定金利のどちらを利用した方が得かと言う議論をよく聞きますが、どちらが得かという議論は、あまり適切ではありません。
リスクを取って安い変動金利を利用するか、多少金利が高くても全期間固定で安心して返済するか、一定期間の住宅ローン金利をどうしても抑えたいので期間選択型の固定金利にするかという、借り入れする本人に由来する選択だからです。
どちらが得をするという主張をする人がいたら怪しいと思って間違いありません。
利害が直接かかわる貸出先の銀行のプロが、このぐらいならリスクのバランスが取れると判断した金利が市場に出ている金利であり、それはどちらが得するというレベルと全く違いリスクと金利の低さのバランスが取れているので金利が安いだけリスクがあるということなのです。
楽天銀行フラット35金利は安い?メリット研究!【おすすめの理由は?】