自作パソコンは誰でも簡単に作れる?

ですから、簡単に作れるのかどうかといえば簡単に作れるという事になります。
しかし、パソコンを自作するときに難しいのはパーツの選び方なのです。
マザーボードやメモリ、ハードディスク、CPUなど、色々な規格がありますから、規格に合わないものを選ぶと取り付けることができないこともあります。
あるマザーボードにはどんなCPUでも取り付けることができるという訳ではありません。
ですから、パソコンを自作するためには色々な規格があるということを学んだ上でパーツを選んでいく必要があります。
しかし、規格に合って入ればそれでよいかというとそうではないところが難しいところなのです。
規格に合っていても相性が悪いという事もよくあります。
このように、自作するときには色々なデメリットもあります。
ですが、挑戦して見たいという人なら挑戦して見るのが良いと思います。
パーツ選びが難しいと思ったら、ショップの店員さんに聞いて選んでもらうというのも良い方法かも知れません。
ただし、過去には自作のほうが安いということもありましたが、最近では自作するよりも安いパソコンはたくさんありますから、自作のメリットはあまりないでしょう。