住宅ローンの借り換えで残りの年数は延長できる?

住宅ローンの支払いは長い年月続ける借金です。
ですから、途中で金利が低い銀行へ借り換えする。
という手段も住宅ローンと上手くつきあっていく良い手だと思います。
借り換えする場合、まずは審査があります。
住宅ローンの支払いを少なくしたい場合、金利が低くなる事と、支払い回数を伸ばせれば楽ですよね。
ですが、残念ながら、支払い回数は前回の残りをそのまま引き継ぐ。
という形になります。
例えば、以前の銀行で35年ローンで住宅ローンを組んでいた場合、5年経過して借り換えを検討し、審査を申し込んだら、残りの30年で審査をされる。
という訳です。
ですから回数が短くなる分、借り換えの審査も慎重に行われます。
もちろん、結果的に借入できない。
という場合もあります。
住宅ローン審査に配偶者の借金で落ちる?【妻のローンの基準厳しい?】