気温が高くなり、薄着をするようになるにつれて、ムダ毛をまめにケアして肌を出す服装ができるようにする人がいます。ムダ毛のケアを無闇に行っていると、皮膚に負荷をかけすぎてしまう場合もあります。自分なりにムダ毛ケアをしているという人は多いですか、肌を傷めないように適切な方法で実践する必要があります。

お風呂に入った時にT字カミソリでムダ毛処理をしている人もいますが、カミソリを使う時は方向に注意しましょう。肌に負担をかけないよう、毛並みに合わせてカミソリを使うようにすることです。肌への負荷を抑えるには、専用クリームを使いながらムダ毛を剃るようにします。皮膚を清潔にして、汚れが毛穴に入らないようにすることが、毛抜きや脱毛器を使う時に心がけたいことです。

毛抜きで繰り返しムダ毛を抜くと、毛穴に色素沈着が起こって黒ずみが出ます。ムダ毛が肌の中に埋没して生えてくることもあるので注意が必要です。除毛クリームや脱色剤は肌に合わないとかぶれるケースもあります。あらかじめパッチテストをして、肌への負担の度合いをチェックすることも重要です。

毛穴から膿や血が出るような状態の場合、ムダ毛ケアのしすぎで皮膚へのダメージが蓄積しているのかもしれません。ムダ毛ケアをやたらと繰り返さないように注意して、ケアをする時は肌も道具も清潔な状態を保ちましょう。

関連ページ